会社設立と提出書類

会社設立の疑問

会社の設立なんて、馴染みがある人なんていないと思います。そこで、会社設立の疑問を解決しましょう。

いろいろな疑問

1 役員について

どの会社にも、最低1人は取締役がいなければなりません。取締役員が1人いれば、その会社は役員として成立します。しかし、中にはなれない人もいるのです。

以上のようにされています。

2 LLCって?

LLCとは「合同会社」のことです。出資者が有限責任で法人格があり、全ての許認可が受けられます。また、特徴として、株式会社よりも経営組織が簡単で、利益の分配も出資比率に関係なく、自由に取り決められることができます。設立後に株式会社に変更することも可能です。また、設立の際には定款の認証などが不要で、設立の手続きが簡単で、設立費用が抑えることができるます。その代わり、公証人のチェックがないので、定款を作成する場合にh標準的な株式会社の場合よりも注意が必要です。

しかし、一方で、新しい組織形態なので、定型化されていない上、日本語の名称である「合同会社」の知名度は低く。代表者の名称も、株式では「代表取締役」ですが、「代表社員」となります。つまり、取引相手に自己紹介した際に、首を傾げられるという事です。

ちなみに、LLPは「有限責任事業協同組合」のことを言います。

3 一人会社で取締役が死亡した場合

今の世の中は、事故や事件が多くて、いつ誰に殺されるか分からない状態になりつつあります。誰がこんな国にしてしまったのでしょうか・・・。

それはさておき、万一、取締役が1人の会社で、もしその取締役が死んでしまった場合はどうするのでしょうか?取締役が事故や事件で死んでしまった場合、取締役が不在となるので、株主総会が招集できません。その場合には、株主が裁判所に申し立てをして、一時的な取締役を立ててもらいます。しかし、適任者がいないと判断された場合には、裁判所は弁護士から選任します。

弁護士の報酬は10万円から20万円程度となっていますが、その報酬が高いと判断される場合には、株主は一時取締役を推薦できます。裁判所がその人を適任だと認めた際に、その人が一時取締役とされて、職務を取ることになるそうです。ちなみに、この適任者は、職業的に法律知識が豊かで、株主総会などの招集や運営を問題なくできる人とされます。

この一時、取締役が株主総会を招集し、それによって新たな取締役を選任され場合、一時取締役がその就任を承諾した場合、退任します。その後、一時取締役は、裁判所に職務執行に関する報告書を提出するまでを終えると、その職務が終了します。

check

Last update:2017/2/9

Copyright (C) 2008 会社設立の基礎知識 All Rights Reserved.